パーソナルジムの仕事は接客業に近いイメージ

パーソナルジムの仕事は接客業に近いイメージ

パーソナルジムの仕事は、健康や減量や筋力トレーニングの知識が運営側に必要なのはもちろんですがそれだけではありません。
運営側に必要なのは、接客業のイメージを持ち続けることです。
どんなに有能なトレーナーでも、利用者が不快になるような対応では集客を見込むことはできないためです。
パーソナルジムで人気のところは、スタッフの感じが良かったり利用者が快適に過ごせるように配慮ができるスタッフがいる特徴があります。
運営する側すべてにこうした接客業のサービス精神が必要となりますので、開業をする際の面接には感じの良い人や責任感の強いメンバーを集めるようにしましょう。
パーソナルジムというと、もちろんトレーナーのトレーニングにおける技術や知識も必要です。
ただ、それを持っている前提で更にサービス精神が大せいであったり倫理観や社会人としての節度なども問われます。
トレーナーを募集する際にも、そのあたりをチェックするのがポイントです。

パーソナルジムで働く場合に学歴は必要か?

近年は、パーソナルジムの需要が高まっています。
身体を動かすのが得意な方の中には、ジムのスタッフやトレーナーとして働けないかと考える人もいるかもしれません。
学歴が必要なのではと気になる方もいることでしょう。
パーソナルジムのトレーナーは、基本的に学歴は問われません。
お客さんの運動をサポートして目的を達成させることが主な仕事なので、どんな学校を出ているのかについてはそれほど重視されないのです。
実際に大卒でなくてもトレーナーとして活躍している人はたくさんいます。
やる気や能力次第で活躍できる仕事といえます。
とはいえ、栄養学や運動学などの知識が問われることもあるため、専門性があった方が有利になりやすいのも事実です。
体育大学などで専門知識を身につけておけば、パーソナルジムへ就職する際に有利になる可能性があります。
また、将来的に独立して自分でパーソナルジムを開業する際にも大学を出ていた方がアピールポイントにできるでしょう。

著者:加来豊司

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
市内で5店舗のジムを経営。
パーソナルジムを経営する方法をまとめました。